思春期を遅らせる方法

子供の身長を伸ばす方法 > 思春期を遅らせる方法

中学生くらいまでは日本人も欧米人も身長の差はほぼないという事実

思春期,遅らせる,

欧米人と日本人の子供では、日本人の子供の身長の方が小さいイメージであり、実際そうだと言われていますが、実は中学生くらいまでは、欧米人も日本人も身長の差はほとんどないと言われています。

 

なぜ、身長差が生まれてしまうかですが、「思春期を迎える時期」が関係しており、欧米人は、思春期を迎える時期が遅いと言われていて、反対に、日本人は思春期を迎える時期が早く早熟であると言われています。

 

スマホやゲームによる夜更かしでの睡眠不足や、食べすぎや運動不足による肥満などが早熟につながる原因とされています。

 

早熟の場合は、身長が伸びるラストスパートの成長期と呼ばれる思春期が早めに完了したり、思春期に分泌される性ホルモンが骨の成熟を促して骨を固めることで、身長が十分に伸びきらずに止まってしまうといわれています。

 

逆を考えれば、思春期を遅らせることができれば、欧米人同様に、高身長につながるといえますので、子供の身長をのばすためには、思春期を遅らせてあげるようにしましょう。

子供の思春期を遅らせる為にはどうすればよいのか?

思春期,遅らせる,

子供の思春期を遅らせる為には、食生活や睡眠や運動など生活習慣が大切だと言われています。

 

まず、食生活では『バランスの良い栄養』を与えながらも、過剰なカロリー摂取は、肥満によって思春期が早まって低身長につながるために、『カロリー抑えめな食事』である必要もあります。

 

睡眠に関しては、『十分にとらせる』必要があり、不足した場合は、思春期の訪れのきっかけとなる性ホルモンの分泌が多くなることで、身長が伸びにくくなると言われています。

 

加えて、運動不足は、適度な疲労感がないことで十分な睡眠を取れなかったり、カロリー消費できないことから肥満につながる恐れがあるために、『適度な運動』を行わせることも大切です。

子供の肥満が低身長の原因に!?

思春期,遅らせる,

体重(kg)÷<身長(m)×身長(m)>※で肥満指数のBMIを割り出した際に、18.5〜25未満であれば正常となりますが、25〜40以上の場合は、数字が大きいほど肥満度が高い状態であるといいます。

 

子供の肥満は、脂肪細胞から食欲抑制や代謝を行わせる際に分泌されるレプチンといったホルモンや、コレステロール増加によってコレステロールから性ホルモンが作られて思春期の時期が早まったり、皮下脂肪には骨の成熟を促す効果があるなど、低身長の原因になります。

 

※150cmで40kgの場合は、40÷<1.5×1.5>=17.7(BMI)

思春期を遅らせる為の食事

思春期,遅らせる,

思春期を遅らせるためには、思春期を早める肥満に気をつけることが一番大切なので、『食事の量をコントロール』することはもちろん、肥満の原因となる、動物性脂肪が多い肉類やケーキやお菓子などの『脂肪や糖分の摂取も制限』してあげることが大切です。

 

かと言って、栄養が不足してしまうと、今度は身長を伸ばすために必要な栄養も不足することになるので、『バランス重視の食事』であることもポイントとなります。

 

バランス重視とは、多くの食品をまんべんなく少しずつたべさせる方法で、小鉢でおかずを増やすようなイメージです。

適度な運動も大切!

思春期,遅らせる,

思春期を早める肥満の原因は、主に食べたものをエネルギーとして消費できない事とされており、エネルギー消費には、運動が一番良いと言われていますから、思春期を遅らせる為には、肥満を防止する運動も大切です。

 

また、運動は、次項で説明する睡眠をとる上でも、疲労から深い眠りにつきやすくなるために大切とされているので、その点からもおすすめです。

 

ただし、ハードな運動は、思春期のきっかけとなる性ホルモンが分泌されて思春期の時期が早まったり、神経の高ぶりからなかなか寝付けないこともあると言われているので、適度な運動を行わせるようにしましょう。

 

『ウォーキングや水泳や部活など』が最適で、反対に、何時間も行ったり、練習がきつい部活など過度の疲労や大量の発汗が起きるような運動は、不向きとされているので、これらの運動は控えさせた方が良いです。

睡眠時間はもっとも重要

思春期,遅らせる,

思春期を遅らせる為には、睡眠時間はもっとも重要となります。

 

なぜなら、睡眠中は、性ホルモンの分泌を抑えることで思春期を遅らせたり、思春期を早める肥満を抑制するメラトニンといったホルモンの分泌がピーク(特に23時〜3時の間)になると言われてるからです。

 

メラトニンを分泌させるには、7時間睡眠を心がけることが大切であり、通常身長を伸ばすためには10時間以上の睡眠時間は必要とされているので、『10時間以上』寝かせるようにすれば間違いないです。

 

また、メラトニンをしっかりと分泌させるには、以下も大切といわれているので実践させるようにしましょう。

 

思春期,遅らせる,寝る時間になったら照明を消す(脳が朝と勘違いして体内のメラトニンの分泌を減らさないため)
思春期,遅らせる,決まった時間に就寝や起床する(メラトニンの分泌時間が整うため)
思春期,遅らせる,起床後はカーテンをあけて太陽の光を浴びる(メラトニンの材料が作り出されるため)

思春期を遅らせる方法まとめ

思春期,遅らせる,身長の伸びを止めてしまう思春期を遅らせるためには、『バランスの良い食事』・『カロリーを抑えた食事』・『適度な運動』・『10時間以上の規則正しい睡眠や睡眠環境』が大切になります。

 

思春期に伸びる身長は、ほとんど個人差がないと言われていますが、思春期が早めに来た場合と遅めに来た場合では、最終的に6cm程度と差が出ると言われていますから、子供の身長を伸ばすためにも、今日から思春期を遅らせる方法を行わせていきましょう。

子供の身長を伸ばす方法と栄養が分かる情報メディア【ノビタ!】
page top