子供の身長を伸ばす為のタンパク質の1日の必要量

子供の身長を伸ばす方法 > 子供の身長を伸ばす為に必要なタンパク質の1日の必要量は?

子供の身長を伸ばすならタンパク質は必須

子供の身長,タンパク質

子供の身長を伸ばすためには、数ある栄養素の中でも、タンパク質は非常に大切な栄養素となります。

 

なぜなら、タンパク質は、身長を形成する骨の土台になると言われているからで、タンパク質不足では、骨の形成ができないとも言われています。

 

同時に、身長を伸ばす成長ホルモンの材料になったり、成長ホルモンの分泌を促す効果まであると言われています。

 

タンパク質は、身長を伸ばす上で欠かせない『骨の形成』や『成長ホルモン』に関与するので、子供の身長を伸ばすためには、タンパク質の摂取は必須と言えます。

1日にどのくらいのタンパク質が必要なの?

子供の身長,タンパク質

〜タンパク質の一日の推奨量(厚生労働省より)〜
男子 女子

3〜5歳

25g

3〜5歳

25g

6〜7歳

35g

6〜7歳

30g

8〜9歳

40g

8〜9歳

40g

10〜11歳

50g

10〜11歳

50g

12〜14歳

60g

12〜14歳

55g
15〜17歳 65g 15〜17歳 55g


タンパク質が多い食品ベスト10

タンパク質は、特に魚類・肉類・大豆類に多く含まれています。

 

1.しらす干し(100gあたり40.5g)

子供の身長,タンパク質

スーパーで売られている、しらす干しの中でも半乾燥のものは、トップクラスの含有量を誇ります。

 

また、骨の元になるカルシウムの含有量も多いので、ご飯にのせたりサラダに入れたりなど、どんどん活用していきましょう。

 

2.マグロの赤身(26.5g)

子供の身長,タンパク質

高タンパク食品でいて、疲労回復効果のあるタウリンも多く含まれています。

 

安価ではありませんが、定期的に食べさせたい食品と言えます。

 

3.かつお(25.8g)

子供の身長,タンパク質

特に、春にとれるかつおはタンパク質が多く、脂質は控えめで太りにくいため、春の時期は定期的に食べさせたい食品と言えます。

 

4.豚ひれ肉(22.8g)

子供の身長,タンパク質

タンパク質を含む肉類の中でも含有量が多く、比較的安く手に入りやすくもあり、焼いたり、揚げたり、ソテーにしたりなど料理の幅も広いです。

 

5.鶏むね肉(22.3g)

子供の身長,タンパク質

鶏むね肉には、タンパク質の代謝をサポートする効果があると言われていたりと、タンパク質が体内利用されやすい特徴を持っています。

 

皮をとって食べると、カロリーや脂質が減るので、皮をとって調理することがおすすめです。

 

6.鮭(22.3g)

子供の身長,タンパク質

一年中安く手に入り、カロリーも100gあたり113kcalと控えめですので、毎日でも食事に組み込める食品と言えます。

 

7.牛ひれ肉(21.3g)

子供の身長,タンパク質

牛ひれ肉は、タンパク質はもちろん、ミネラルの一種である亜鉛を豊富に含んでおり、亜鉛はタンパク質合成に関与するため、タンパク質の体内利用率が高いです。

 

8.サバ(20.8g)

子供の身長,タンパク質

サバ缶など安く手に入り、タンパク質の含有量も多めです。

 

味噌煮されたサバ缶は、どのメーカーでも1缶あたり約200kcalと高いですが、水煮の場合は、メーカによっては、120kcalのものもありますので、缶であれば水煮がおすすめです。

 

9.納豆(16.6g)

子供の身長,タンパク質

納豆には、タンパク質はもちろん、健康や美容に良好な栄養も豊富に含まれているので、1日1パックは食べさせたいところです。

 

10.豆腐(4.9g)

子供の身長,タンパク質

低カロリー(100gあたり58kcal)でいて、消化もされやすいので、カロリーを抑えめにしたい時や胃腸が弱りやすい夏場のタンパク質補給としても向いています。

脂質を気にして調理法にも気を付けること!

子供の身長,タンパク質

肥満児は、思春期の時期が早めに来ることで、身長の伸びが止まってしまうと言われているので、タンパク質の過剰摂取はもちろん、調理法にも気をつけたいところです。

 

油を多く使う調理法では、肥満の原因となる脂質を多く取り込むことになり、揚げものの場合は、100gの食材に対して20gもの油を取り込むことになると言われています。

 

その為、揚げ物など油を多く使う調理法はなるべく避けることが大切であり、茹でる・蒸す・煮る・網焼きなどが好ましいです。

 

また、フライパンで焼いたり炒めたりする際に油を使う場合は、なるべく油の量を減らすためにも、フライパンには油を入れずに、肉など食材に油をなじませて焼いたり炒めたりしましょう。

 

子供の身長,タンパク質

加えて、肉などに調味料を加える前に、キッチンペーパーの上にのせて油を落とすといった方法もおすすめです。

 

ほかにも、油をなるべく使わない方法であれば、フッ素樹脂加工のフライパンに変えるという手もあります。

朝のタンパク質は特に重要

子供の身長,タンパク質

子供の身長を伸ばすためにも、タンパク質は特に朝の摂取が大切だと言われています。

 

理由は、朝たべたものは吸収されやすいために『タンパク質の体内利用率が高まる』ことと、朝のタンパク質は、カロリー消費に働きかける代謝を上げて、『肥満(低身長の原因)を防止する効果』があるためです。

 

従って、朝からタンパク質を摂取させることがおすすめであり、ゆでたまごや牛乳やチーズなど補いやすい食品であれば、食欲のない朝でも摂取してくれるでしょう。

 

どうしても食欲がなく、ゆでたまごなどもうけつけない場合は、タンパク質を手軽にとれる子供用のプロテインがありますから、そちらの活用がおすすめです。

子供の身長をタンパク質の重要性まとめ

子供の身長,タンパク質子供の身長を伸ばすためには、骨の形成や成長ホルモンに関与するタンパク質の摂取が必須であり、特に朝のタンパク質摂取は、吸収性の高さから有効的であったり、代謝をあげることで思春期の時期を早めて低身長につながる肥満を予防することも可能なので、朝ごはんからタンパク質をとらせるようにしましょう。

 

注意点としては、過剰摂取による肥満につながらないためにも一日の推奨量を守ることと、油を多く使う調理法に関しても、肥満につながる可能性が高くなるので控えることがあげられます。

 

以上の点を守って、子供の身長を伸ばすためにも、今日からタンパク質を食事に組み込んでいきましょう。

子供の身長を伸ばす方法と栄養が分かる情報メディア【ノビタ!】
page top